about

Q(きゅー)

市原佐都子が劇作・演出を担うソロユニット。2011年より始動。
Founded in 2011, Q stages theatrical productions by director and playwright Satoko Ichihara.

2011年、戯曲『虫』で第11回AAF戯曲賞受賞。2013年、フェスティバル/トーキョー公募プログラム選出『いのちのちQ Ⅱ』上演。2016年、文芸誌「すばる」にて小説『虫』を発表。2017年、『毛美子不毛話』が第61回岸田國士戯曲賞最終候補となる。同年、韓国ソウルマージナルシアターフェスティバル公式プログラムとして招聘され『毛美子不毛話』を上演。
2011,Receives the Aichi Arts Foundation Drama Award with the play “Insects”.2013,Invited to stage “Qlobe of Life Ⅱ” as part of the Festival/Tokyo. 2016,Released the novel “Insects” in the literary journal “Subaru”.2017,Nominated for finalist of 61st Kishida Kunio Playwriting Prize for “Favonia’s Fruitless Fable”.Invited to present “Favonia’s Fruitless Fable” at the Seoul Marginal Theater Festival.2018,Elected to The Saison Foundation Junior fellow Artist.

→Twitter →Facebook →instagram

IMG_0084市原佐都子(いちはらさとこ)

劇作家・演出家・小説家。1988年生まれ。桜美林大学にて演劇を学ぶ。
モノローグを基調に生きることの不条理さ・混迷する世界で輝く人間の生命力を女性の視点で語る。2011年よりQ 始動。俳優の身体に重きを置く演出ながら、言葉による表現・リズム感を重視した作風が特徴。人間の行動を動物を観察するかのような目線で捉え再構築した作品からは、命の力強さ躍動感を直接浴び るように感じることができる。

Playwright, director and novelist. Born in 1988. Studied theater at J.F. Oberlin University.
Ichihara narrates the absurdity of life and the vitality of humans who shine in the rankling world from the perspective of women, delivered mainly through monologues. While setting great value on the bodies of performers, she also emphasizes the expression of texts and their rhythms. Her works are carefully built as if from an outside perspective into the behaviors of humans and animals, and aim to immerse the audience in the vibrancy and the bounding pulse of life.

(photo by mizuki sato

お仕事のご依頼はcontactよりお願いいたします。