profile

Q

市原佐都子が劇作・演出を担うソロユニット。2011年より始動。東京都拠点。

2011年 『虫』第11回AAF戯曲賞受賞
2013年 フェスティバル/トーキョー公募プログラム選出『いのちのちQ Ⅱ』
2017年 韓国ソウルマージナルシアターフェスティバル公式プログラム招聘
2018年 KYOTO EXPERIMENT公式プロブラム招聘
韓国香港日本共同制作『私とセーラームーンの地下鉄旅行』
2019年 あいちトリエンナーレ2019パフォーミングアーツプログラム招聘『バッコスの信女 — ホルスタインの雌』
2020年、『バッコスの信女 — ホルスタインの雌』第64回岸田國士戯曲賞受賞

Founded in 2011, Q stages theatrical productions by director and playwright Satoko Ichihara.Based in Tokyo, Japan.

2011 Aichi Arts Foundation Drama Award with “Insects”
2013 “Qlobe of Life Ⅱ” at Festival/Tokyo
2017 Invited to Seoul Marginal Theater Festival
2018 Invited to KYOTO EXPERIMENT 2018
Korea-Hong Kong-Japan Co-Production “Me and sailer Moon’s Subway Trip”
2019 Invited to Aichi Triennale 2019 Performing Arts Program“The Bacchae − Holstein Milk Cows”
2020 64st Kishida Kunio Playwriting Prize

Photo by Kai Maetani, courtesy of Kyoto Experiment.

市原佐都子(いちはらさとこ)

劇作家・演出家・小説家。1988年生まれ。桜美林大学にて演劇を学ぶ。人間の行動や身体にまつわる生理、その違和感を独自の言語センスと身体感覚で捉えた劇作、演出を行う。女性の視点から、性や、異種間の交尾・交配などがフラットに描かれる戯曲では、観客の身体を触覚的に刺激する言葉が暴走し、舞台上の俳優たちは時に戯画的に、時に露悪的に台詞を全身から発散させる。そこでは、男性中心的、人間中心的に語られてきた性や生殖行為が無効化し、社会のマジョリティを覆っている倫理観や道徳観念にもラジカルな疑いがかけられる。

公益財団法人セゾン文化財団フェロー。

国際交流基金「アーティストインタビュー」

【書籍】小説集『マミトの天使』(早川書房)、戯曲集『バッコスの信女 ー ホルスタインの雌』(白水社)

ICHIHARA Satoko

Playwright, director and novelist. Born in 1988. Studied theater at J.F. Oberlin University.
She writes and directs plays that deal with human behavior, the physiology of the body, and the unease surrounding these themes, using her unique sense of language and physical sensitivity. In one of her works, themes such as sex, cross mating and breeding are clinically portrayed through the viewpoint of women; the audience is showered with physically stimulating, verbal rampages and the actors execute their lines using their entire bodies—at times in the manner of caricature, at times in the manner of confession. Here, the patriarchal, anthropocentric narrative of sexuality and reproductive behavior is invalidated, and even the ethics and morals of the social majority are radically called into question.

The Saison Foundation fellow.

The Japan Foundation Artist Interview

photo by SATO Mizuki

お仕事のご依頼はcontactよりお願いいたします。